VMD研修を行うメリットとは?VMD研修のポイントと基本的な知識を解説します

VMD研修では、現在の視覚的な顧客誘導法であるビジュアルマーチャンダイジングの紹介を行います。
その研修の構成は、顧客の店舗に惹きつける方法から始まり、店舗内でのアピール方法や顧客が商品を手に取りやすい方法などについて解説します。
これまでノウハウとして利用されていたことを、具体的に様々な項目についてテクニックとして身につけるようにするためにさまざまな具体例なども参照し、分かりやすく紹介することを行います。

VMD研修を行うメリットとは?VMD研修のポイントと基本的な知識を解説します

私たちがショッピングセンターなどにし買い物をする際、特別に目的がない限りは店舗の外観を見てどうするかを決めます。
店の中の様子を眺めて、魅力的なものはないかといます。
多くの顧客は、目的をもって店舗に行かない限りはこのような行動パターンをとります。
従って、いかに顧客の注目を引くかということが大切です。
そのようなことを視覚的に行うのがビジュアルマーチャンダイジングです。
このVMDの手法を紹介するVMD研修が多く行われるようになってきました。
VMD研修では、顧客を店舗に引き寄せる方法から始まり、店舗内で商品をアピールする方法を紹介しお客が商品を手に取りやすいような配置について解説を行います。

VMDとは消費者にとって買い物しやすい快適な売場環境を提供する仕組み

私たちが買い物をする際において、いろいろな店舗を訪ねることになるわけですが、まず外から見るのは店舗の様子です。
その店舗の様子から、果たして入るべきかどうかということを考えます。
中の様子がよく分かり大変魅力的なものを販売しているようであれば、中に入って見てみようという気持ちになります。
また中に入った際に、商品などがわかりやすく展示されているのであれば色々と商品を見てみようという気にも行ってきます。
このように外から見た店舗の様子や、店舗内の商品の陳列の仕方などを魅力的にする仕組みがVMDと呼ばれるものです。
VMDとは、店舗が外からどう見えるかや、店舗内の商品の陳列などをどのように見せるかなどということを効果的に行う仕組みです。
その構成要素としてあるものに、商品のディスプレイや並べ方というものがあります。
これらは大切なことなのですが、VMDとは少し違います。
これらの事をトータルでコーディネートすることがVMDです。

VMD研修では購入に向けた動機付けのやり方を学ぶ

様々のお店では、いかにして売上を上げるかということが至上命題です。
そのようなことから、お客さんに自分たちの店舗について興味を持ってもらう必要があります。
店舗の中の商品についても、いろいろと見てもらいたいということ必要となってきます。
店舗階に上げるためには、顧客への動機付けのアクションというものが必要です。
このような事を、視覚を利用をして行うのがVMDです。
効果的なVMDを行なうために、各売り場の店員などにVMD研修が行われます。
なぜならば、お客が集る売り場で最も長い間働くのが店員だからです。
フロアの店員にVMD研修行うことにより、現場の事情に即した様々なディスプレイやレイアウトが可能となってきます。
また現場の店員であれば、現場で顧客の様子なども見ることができますので、実践的にディスプレイをどうするかというようなことを試すことが可能となってくるからです。
現在ではこのような研修が、日本のいたるところで行われています。

VMD研修はお店のビジュアル改善につながる

VMD研修は、普段当たり前に店頭に立っているスタッフにとって非常に効果的です。
短い期間でのお客様目線での売り場の作り方や、店頭ですぐに試すことができる実戦形式のトレーニングを受けられます。
そのため、ビジュアル改善に繋がり売上を上げることにも期待が持てるでしょう。
またVMD研修を受けることによって、今まであまり意識していなかったスタッフのVMDへの関心を高めることにつながります。
いくらディスプレイを変更してもお客様や気温、状況にあったものにしなければ効果は得られません。
さらに研修を受けた人が、他スタッフと共有することによって店舗自体も成長できます。
正解があるわけではありません。
たくさんのミーティングを重ね、お客様の購買意欲を上げる努力が必要と言えます。
VMD研修を受けることにより意識や知識が向上しますので、ビジュアル改善にもつながります。
研修を受けた後はしっかりと情報共有をし、お店に還元することが重要となるでしょう。

VMD研修で売上がアップする理由とは?

VMD研修は「ビジュアルマーチャンダイジング」と呼ばれる手法を用いた研修で、主にショップなどの店舗研修に用いられます。
店舗では商品の見せ方によって売上が大きく変わってくることが多く、入店前の期になる商品を見てもらうことから入店後の分かりやすい商品陳列など行動経済学をもとにした人間の導線を理解することを目的としています。
VMD研修を受講することでどのような商品の見せ方をすれば欲しいユーザーに目に留まってもらえるかを考えることができるため、結果として自店舗の課題などが洗い出され改善につなげることが可能なのです。
特に客層によって販売が変わることも多く、画一的なデザインだけではいつの間にか機会損失になっている可能性もあります。
もちろん本社から世界観や店舗のビジュアルの基本は提供されますが、より成果を出すためにはそのエリアのお店の客層についてより深く把握することで展示方法を改善することも一つの方法になります。

VMD研修に関する情報サイト
VMD研修を行うメリットとは?

VMD研修では、現在の視覚的な顧客誘導法であるビジュアルマーチャンダイジングの紹介を行います。その研修の構成は、顧客の店舗に惹きつける方法から始まり、店舗内でのアピール方法や顧客が商品を手に取りやすい方法などについて解説します。これまでノウハウとして利用されていたことを、具体的に様々な項目についてテクニックとして身につけるようにするためにさまざまな具体例なども参照し、分かりやすく紹介することを行います。

Search